史実通りなら最後は

M 愛すべき人がいて (幻冬舎文庫) - 小松成美
M 愛すべき人がいて (幻冬舎文庫) - 小松成美

今日で終わりかぁ…… 再放送期間もありましたが、ワンクール分は楽しめましたwwww


コロナで暗い世の中に現れた笑いの救世主みたいなドラマでしたね…… ホント。


史実通りならマサと別れて、独自路線行くんでしたっけ? それ以降はライブの演出とかPVの演出とか一人でやる感じでカリスマっぷりを発揮していくとか。


歌はともかくとしてPV観てると「闇深いなー」って思うんですよね……


浜崎あゆみの盛り上がってるライブ映像なんですけすけど…… 客席にはその盛り上がってる姿を白けた目で見る浜崎あゆみがいるってやつ。

後、三曲連続リリース曲のPVの三曲目、一曲目、二曲目のハイテンションで華やかな映像を白けた目で見る浜崎あゆみのやつ。


白けた目で見る浜崎あゆみこそが本当の浜崎あゆみなんじゃないかなって……



てか、これ極めて真面目な話ですよね…… 脚本、鈴木おさむってだけでここまでギャグになるとは……


眼帯秘書は牡丹と薔薇の姉妹や娼婦と淑女の久我山や幸せの時間の花屋以来の大ヒットキャラでしたよwwwwww

"史実通りなら最後は" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント