盾の勇者の成り上がり

盾が終わってしまいましたね。

終始ビッチにイライラするだけの作品でした。

最終回でも「盾の悪魔が領主なんて」と吐かす始末。

命を救われておいてこの言い草…… 色んなアニメキャラ見てきましたがあそこまで腐ってるのはそうおらんわ。


そして槍は「盲信の勇者」故にそんなビッチでもまだ信じてる始末。

ま、この後痛い目に遭うんですけどね…… 槍の勇者のみならず国自体が痛い目に遭うんですよ。


多分ここまでアニメ化はないでしょうが…… 


SWORD BREAKER 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社
2017-08-01
梅澤春人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



始まった当初、これのパクリだと思ってたのが懐かしいです。

蓋を開ければ小公女セーラのラビニアやミンチン以上のイライラキャラ爆誕するわすごい作品でしたね…… 

盾の勇者の成り上がり。

二期、待ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年11月05日 00:39
設定が雑過ぎて、流石に主人公以外の人間を舐めプし過ぎだろ(どんだけ周りが馬鹿だと思ってるんだよ)って感じました。
そういう意味では原作者からはイツキっぽさを感じるし、あと尚文は言ってることがかなりブーメランですよね。連携しろと言ってるけど、自分が一番最初に単独行動してるし(状況的に酌量の余地ありますが)、その後もタンクをやる訳でもなく、自分のパーティだけで俺Tueeeeするだけだし。
なろう物ならこの程度が限界なんですかね。ついつい、ダンまちとかと比べてしまいました。

この記事へのトラックバック