wiiがついに

今朝方…… 兄元で暮らす両親から電話が。

「wiiが死んだ」

(゚Д゚)ハァ?

「今朝体重測ろうと思ったら電源が入らなくなった、なんとかせぇ」

何この任天堂の「故障の前に」のサービス電話。電源長押ししてみ?

「光らない」

電源抜いて静電気放電してからやってみ?

「光らない」

才能が光らないみたいな口調で言われても困るわ。何年使ってるの?

「8年間、毎日体重測ったりドクターマリオやっとるんじゃ」

やめたら?

「任天堂に修理に出すべきかもしれんな」

wiiは受付終了してたような。

「資源ごみとして出すしか無いな」

それはそちらの地域の問題でしょ。



いわゆる寿命…… さよならwii。


「このタップも古いからなぁ…… 確かwii接続の電源接続するために一緒に買ったんだよ」

その時私に電流走る。タップ交換してみ?


「いや、Blu-rayも一緒に接続してあるし…… 予約録画とか飛ぶんじゃ」


いいからやってみようか。


「復活したぞ」

人騒がせな…… 任天堂商品は子供が使うことを想定して丈夫に作ってあるからそうそう壊れることは無いのよ。俺だって未だにスーファミ動いてるからねぇ……


「お前、3DSを無償期間中に三回修理に出したって言ってなかったか?」

内部の問題だから……。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック