カーチェイスシューティングクリアしましたLEGEND

龍が如く0の難易度LEGENDでのカーチェイスバトルをやっとクリアしました。

完全攻略本がそこの説明2ページと言うナメた仕様なので苦労しました「大丈夫? ファミ通の攻略本だよ」を地で行く作りでしたね。

ああいった本なら最高難易度をクリア出来るような特設コーナーで10ページぐらい取ってもいいのに「攻撃力が違います」と説明がしてあるだけ。

MGS3の完全攻略本はわざわざ「European EXTRAM」攻略コーナーまであったのにこの違いよ。


箇条書きではありますが個人的なカーチェイスの攻略法を。散々死にまくったのに最後はノーダメ余裕でした。

1、車×3 もうこれは普通に枠内に連射すればいいだけかと。体力も低いので。



2、バイク これも連射でおk



3、車×2 これも枠内連射でおk



4、車×2 バイク×2 枠内連射。 この辺りから車に乗ってるヤクザの耐久度が上がっているヒートアイで運転手狙うのもいいかも。



5、車×2 この辺りもヤクザの耐久度が半端無いのでヒートアイで対処



6、バイク単品 二人乗りなので運転してるのを連射で処理。



7、車×4 鬼門。連射で対応してると耐久度の高い運転手の衝突を食らうので一発撃って枠を黄色から緑に戻すようにして少しでも被弾を減らすようにする。



8、バイク×2 この辺りからロケットランチャーブッパしてくるので撃たれたら再優先でロケットランチャーを撃ち落とすようにする。

このあたりから運転してる尾田の嫌がらせが始まる。飛んでくるロケットランチャーが車と重なる見事なドラテクをしてくるので重なった場合はご愁傷様としかw




9、アフロヤクザ…… 別に放置でもいい。撃ってきても多分当たらない。運悪いと7、8のところで体力半分減らされてるのでリロードして心を落ち着かせること。



10、車×3 1番はじめに迫ってくるワゴンが問題。ショットガンを相手にするのは厄介なのでさっさとヒートアイヘッドショットで沈める(それでも倒せるかどうかは微妙) 後はタックルに注意。



11、車 バイク×4 背後にいるバイクは最優先で処理。なぜならロケラン持ちだから。ここでも尾田の嫌がらせドラテクが敵になるので車とロケットランチャーが重ならないようにする。



12、車×2 耐久度が高いヤクザ。タックルに注意




13、ヘリ×3 「あいつら馬鹿か?」と尾田が突っ込むけどホントにその通り。

初めにバルカンヤクザをヒートアイで仕留める。すると隣のロケットランチャーヤクザがロケットランチャーを連射してくるので全てヒートアイで撃ち落とす。大体6発ぐらいなのでリロードは前もって行う。

連発した後にわずかに隙が出来るのでそこにちびちび当てていくスタイルで。難易度LEGENDだとロケットランチャー一発でも致命傷なので。

ロケランヤクザを倒すと運転手が銃を持ってこちらに撃ってくる。ここまで切り抜けてきた猛者ならもう大丈夫でしょう。


ここを切り抜けるとマコトを守るエスコートバトルになる。ここで死ぬと高速道路の苦労が水の泡なのでえげつなく行ってもいいかも。

壊し屋でドラム缶を振り回すって書いてあるところが多いけど実践すると取りに行ってる間にマコトに突っ込んできた組員がマコトの体力をゴリゴリ減らしてくるので精神衛生的に良くない……

だからその場でショットガンを装備。連発。全員吹っ飛ぶので全員吹っ飛んだらマコトの後ろにそこで続けてショットガン乱射。それだけで終わります。

その後のチェンさんはまぁ説明不要かと。


これらの事を実行するのに必要なこと。 ポケベルが鳴った後でビデオ屋前の電話ボックスでセーブを忘れない事。これでリスタート地点を早めても毎回長々とビテオ店店員の話を聞かなきゃいけないしムービースキップ3回しなきゃいけない。この作業を何回やっても心が折れないメンタルの太さが1番要求されるかもw


「俺は誓って殺しはやってません!」

桐生チャンのこの言葉が胡散臭い……。制作は狙ってたのか?


ここさえ切り抜ければLEGENDはクリアしたも同然なので頑張ってください。


龍が如く0 誓いの場所 完全攻略極ノ書 (ファミ通の攻略本)
KADOKAWA/エンターブレイン
週刊ファミ通編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 龍が如く0 誓いの場所 完全攻略極ノ書 (ファミ通の攻略本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック